【2023年版】電気代が高い!!冬の節電対策 電気代を抑えるための寒さ対策,暖房関係

電気代が高くなりすぎて安心して暖房家電が使えない!!

1人暮らしの部屋でも1万円前後。一軒家だったら3万円超えるのも珍しくはない。

このままでは電気代だけで家計が圧迫してしまう。そんな人も多いでしょう。

寒い季節でも電気代を節約して快適に過ごせる方法を紹介します。

衣服系

家でも外でも使える!!インナーとして着込むことも可能!!

複数のラインナップがありますが、おススメはインナーで着込めるタイプです。これなら更に上着も切れるし家でも普通に使えます。容量の大きい20000mAhのバッテリーを準備したい

長時間、外にいることを考えると足先も冷たくなるのが気になってくる。普通の冬用の靴下では物足りないという人は電熱ソックスを試してみるのもアリ。

ただ正直いって高いと思っているので、靴下よりも靴の方で対策した方が良いかも?というのが個人的な見解。

ブランケット系

ホットカーペット

モバイルバッテリーでも使えるアウトドア用の電熱パッド

床が冷たいとそれだけで本当に辛い💦

なので床を暖かくするのは重要な要素です。

その他

ないよりはマシ。

そんなに長時間効果は期待できないが、ないよりかは良い。

まぁそれなら普通にカイロでも買った方がマシ?

とりあえず、こんな商品もありますよ?という紹介でした。

湯たんぽ 充電式 ゆたんぽ

ないよりはマシ。

そんなに長時間効果は期待できないが、ないよりかは良い。

まぁそれなら普通にカイロでも買った方がマシ?

とりあえず、こんな商品もありますよ?という紹介でした。

主な暖房家電の電気代比較

項目エアコンファンヒーターオイルヒーター電気ストーブ電気カーペットこたつ電気毛布電気ブランケット
電気ひざかけ
時間/円53.5~2.832.4~14.918.2~8.827~8.98.8~6.24.3~2.21~0.61
商品の値段10万円前後?5000円前後1万円前後5000円前後5000円前後1万円前後5000円前後5000円前後
温め範囲        
連続使用        
収納性        
暖房器具の比較(※2022年調べ)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!