【2023年版】電気代を大幅削減!!ヒートベスト 寒い時の節電対策!!

電気代が高くなりすぎて安心して暖房家電が使えない!!

1人暮らしの部屋でも1万円前後。一軒家だったら3万円超えるのも珍しくはない。

このままでは電気代だけで家計が圧迫してしまう。そんな人も多いでしょう。

寒い季節でも電気代を節約して快適に過ごせる方法を紹介します。

おすすめヒートベスト

家でも外でも使える!!インナーとして着込むことも可能!!

購入してから気が付いたのですが、実は首と肩も暖かくなります。なので胸以外の全体が暖かくなる感じですね。胸は実際のところモバイルバッテリーが暖かくなってくるので結果的には全体が暖かい。

Vネック系のヒートベスト

ヒートベストの上から上着を羽織れば来ていることが分からない。首回りが邪魔だと感じるならVネック系がベスト。

インナー仕様なので室内で着るのはモチロン、スーツの下にベスト代わりに着るのもアリです。

フード付きヒートベスト

外で着ることがメインならフード付きもアリ。

冬用というよりは春秋用というイメージが強い。

外にいる時にフードがると助かると思う人は選ぶのもアリでしょう。

長袖タイプ ヒーター防寒服 ジャケット

長袖タイプで上半身すべてを寒さから守る!!

長袖タイプと言っても、先に紹介した半袖タイプと価格帯はそこまで変わらず、中には安いものまで存在する。

家の中で着るにはオーバーだが、外での活動中心なら。

モバイルバッテリー付きか?要チェック

複数のラインナップがありますが、中にはモバイルバッテリー付きと付いていない2パターンあります。

もしモバイルバッテリーなしなら容量の大きい20000mAhのバッテリーを購入するなどして準備するのをオススメします。10000mAh以下でも使えますが稼働時間が短い。大きすぎても重くなるので個人的には20000mAhのバッテリーが妥当だと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!