ジビエ肉_鳥編 思った以上に健康食も_筋トレ&ダイエットに_いろんな種類/栄養についても紹介

最近ならジビエと聞いて野生動物の肉と認知してる人も多いと思います。

例えばカモ/シカ/イノシシ

他にもいろいろありますが
色物の肉くらいに思ってませんか?

実は健康面でも優秀な食材が多くあります

今回は色々なジビエを紹介しつつ
どんなメリットがあるかも紹介していきましょう

高タンパク・低カロリーでヘルシーなジビエ

ジビエは栄養価が高い食材ですが
基本的に高タンパク・低カロリーな食材でもあります。

美容に気遣う若い女性からも人気で
アスリートは食生活にジビエを取り入れ
筋力強化など体づくりに役立ててるらしいです。

カモ

居酒屋などでも見かけることが出来る
一番馴染みがあるジビエ

野生の真鴨は、狩猟が解禁される冬に旬を迎え
この時期の肉は脂がのっており旨味が強いです。

チェックポイント

ビューティーミートとも呼ばれている
肌荒れやニキビ/口内炎/疲労回復におすすめ

  • 鉄分が多い
  • ビタミンB2が多い
  • 不飽和脂肪酸が多い
  • コレステロールが少ない

老け込み防止効果もある鉄分
実は鶏肉の6倍!!

肌/髪/爪を美しく保つのに必要なB2
なんと鶏肉の4倍!!
疲労回復効果も期待できる

不飽和脂肪酸は動脈硬化や高血圧の方にも良い
鴨肉の脂肪は、ほかの肉類の脂肪と比べて
不飽和脂肪酸の含有量が高いことも特徴。

脂肪の融点が低く、体温より低い24度~30度で溶ける
脂肪が体内に蓄積されることはないといわれています。

ふるさと納税でゲットすることも出来る

オシャレな食べ方もある

自分に合ったカモ肉を探してみよう

キジ

日本にも生息してますが
食べたことある人はいるでしょうか?

昔話なんかでは時々、出てくる食材
野生のキジは滅多に取れない高級食材みたいですね

味は鶏の胸肉に似ていますが脂質は少なく淡泊
クセがない為、料理しやすい食材です。

チェックポイント

ビタミンB系がとにかく多い
(ビタミンB1/2/3/5/6/12)

栄養素がとにかく多いけど
ピックアップするなら

  • 特にビタミンB2とB6が豊富
  • レチノールが豊富
  • コレステロールが少ない

B2が豊富
効果はカモの項目をチェック

B6の効能
代謝を支えたり、筋肉や血液を作る時に必要。
皮ふや粘膜の健康維持に大切な栄養素。

レチノールって?効果は

ビタミンAの一種で脂に溶けやすい脂溶性ビタミン。

動物性食品に多く含まれ
身体に大切で必要不可欠なビタミンです。

夜盲症
暗い所で目が見えにくくなる病気を
改善するビタミンでもあります。

目の健康を気にするなら気にしたい栄養素です。

また粘膜や皮膚の健康を保ち
動脈硬化を予防にも効果があり。

ふるさと納税でゲットできる

Amazonでも売ってるから調べてみてね

ダチョウ

たまに卵の話は聞くけど
お肉も食べれるようです

引き締まった体は脂肪分が少なく
クセのないさっぱりとした味わいと
栄養価の高さが特徴

また走るのに特化した生物だけあって
アスリート向けの栄養素が多いみたいです。

チェックポイント

綺麗な赤身で見た目も美味しそう
運動機能を向上させるクレアチンといった成分も含んでいる
お肉にクセがなくて美味しいらしい!?

  • L-カルニチンが豊富
  • クレアチンが豊富

L-カルニチン?(脂肪燃焼成分)
脂肪燃焼効果があります。

コレは年齢と共に体内の含有量が減る
つまりコレを意識的に摂取すれば
「最近太りやすいな~」
って人にはイイかもしれません。

クレアチンって?
アミノ酸の一種。
疲労回復効果や、筋肉を増やす効果のあります。


効率よく痩せたいという人は注目したい成分。

見た目は牛肉に近いです

Amazonでも売ってるから調べてみてね

ウサギ

鳥編なのにウサギ

ウサギって1羽2羽って数えるから
とりあえずこっちのページにしました。

数える単位が1羽になったのは
昔の人の屁理屈からみたいでね。

江戸時代までの日本は基本お肉はNG
でも鳥はセーフみたいなのが常識。

そんなことからウサギって飛び跳ねるから
鳥と同じ部類にして1羽2羽と数えてたとか。

チェックポイント

鶏肉に似てるけど脂肪は少ない
フランスでは今でも食べられてる

  • カリウムの含有量が肉類トップクラス

カリウムの効能
ナトリウムとバランスをとりながら
高血圧を防いでくれます。

どうやら丸ごと1匹で販売してるようだ

丸ごとは流石に・・・
そんな人はモモだけでも

Amazonでも売ってるから調べてみてね

流石に日本では売ってない系

まさかのカラス

私も調べて「え?それはないだろ?」
と思いましたがフレンチでは高級食材みたいです。

だからと言って町中にいるカラスを食べるのは
おすすめできないですよ(;´∀`)?

どうやら日本のカラスも2種類いて
「ハシホソガラス」と「ハシブトガラス」になります。

このうち食べるのは植物食傾向の「ハシボソガラス」
肉は濃い赤身かつ筋肉質で、鶏肉よりも弾力があり
臭みやクセがあまりないので食べやすいらしい。

調べると日本でも食べさせてくれる店が
存在するみたいですね。

は、鳩です

先に言っておきますが、公園にいる「ドバド」
これは取っていけません。逮捕されます。

日本で食べれるのは「キジバト」です。

それでも日本で馴染みが無いのは
そもそもとるのが難しいのもあります。
(警戒心が強い、保護色、集団で警戒してる)

その理由もあって流通量が少ないのでしょう。

昔誰に聞いたか忘れましたが
中国では食べられてるみたいですね。

たしか中国から遊びに来たお爺ちゃんが
公園にいるハトを見て
「あれ。とって食べてもいいのか?」
と質問されて慌てて引き留めたって話を聞きましたw

また中国以外にもフランスやイギリスでは
料理として存在します。

コレはちょっと気になる食材

おわりに

いかがでしたか?

知っていたけど、こんなにヘルシーで
栄養価が高いってのは意外ではないでしょうか?

それに今の時代ならネットで簡単に手に入るんですね

家族や友人で集まりやパーティーなんかする時に
ちょっとした変わり種として用意するのもアリですよ?

その他の記事

フリーSIMでおススメの格安スマホは?注目の海外メーカーを紹介_ランキング情報あり

最新式、目のマッサージ器_目の疲れがあるので購入して評価_アイマッサージャー

おすすめハンドライト_最新のライトが高性能でコスパ良すぎ_BOIFUN 懐中電灯 Led _モバイルバッテリに充電

自宅でビールの泡が楽しめる_家庭用 人気でおすすめビールサーバー&ビールジョッキ

【参戦作品の紹介】スーパーロボット大戦30_通称 スパロボ30

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする