スマホの動画撮影でジンバル(スタビライザー)は有効なのか?おすすめ撮影機材【画面ブレ/手ぶれの対策】

最近、投稿する動画の画面ブレ(手ぶれ)が酷くて気になっているYoutuberのフィッシュ中山です。

今回は手ぶれ対策にジンバル(スタビライザー)を利用して、歩きながら夜の田舎道を撮影してみました。

実際にジンバルを利用した時の効果など、これから動画撮影をしてみたい人。手振れが気になっている人向けの情報となります。参考になれば幸いです。

ジンバル(スタビライザー)のメリット/デメリット

メリットデメリット
手振れ(画面ブレの低減)
値段が高い(1万円以上)
重い(手が疲れやすい)
バッテリー切れが不安
操作が面倒

ジンバル(スタビライザー)ですが、動画撮影で利用したところ、確かに手振れは激減します。

スマホ単体の手振れ機能だけでは、やはり限界があり歩きながらの撮影になると画面ブレが酷かったですが、ジンバルを利用すると画面ブレを意識した撮影をしなくても、かなり補正がかかって奇麗な動画に仕上がったと思っています。

しかしデメリットの方が目立つので、本当に良い商品なのか?と言われると難しいところですね。

デメリットとしては値段が1万円超える。重いので長時間の撮影には不向き。バッテリー切れの心配がある(私の製品だと最長で1時間)。操作が面倒で方向を変えたい時に時間がかかってイライラする。

デメリットが多いのであればスマホだけで頑張れば?という意見が多くなりそうですが、画面に集中しすぎると周りが見えなくなるので、次は危険度が一気に上がるんですよね。

私の場合は道路で歩きながらなので、走ってくる車や自転車などに気が付けなくなるリスクが高い、更に足元の段差や障害物があっても気が付けないのでケガ、最悪は病院送りになるので困ったものです。

まぁ公園など安全な場所で撮影するなら話は変わってきますけどね。

あとは撮影に対する集中力など、ここらへんはジンバルあるとかなり楽にはなった。手振れを意識して撮影するのは思った以上に集中力が必要で体力も奪われます。

テレビのカメラマンみたいに撮影だけが仕事なら良いかもしれませんが、ソロで動画投稿してると撮影しながら話す必要もあるし話しながら次のことを考える必要もある。もちろん撮影後は動画編集や投稿までの作業があるわけです。話長くなるからここまでにしますが日常的に動画投稿すること考えると有効なアイテムであることには違いない。

しかし三脚のような使い方(固定しての撮影)には不向きな面が目立つので、ここら辺も考えもんですね~。使い分けが必要かな?

まぁDJIのジンバルなんかだと、ここらの不満も解消してくれる気はするが、どうなんでしょうね?

これからジンバルを買うならコレ?

DJI ジンバル Osmo Mobile 6

性能面で信頼して買うなら、やっぱりドローンでも有名なDJIの製品ですかね?

私の所持しているのは既に3年前に購入した製品だし、今となってはわけわからんメーカーだしw

実際に使用していると操作性で不満出るとやっぱり、もっと良いの買っとけばよかったな~となるんですよね。

そんな失敗しないためにも、値段的には悩ましいですがDJIのジンバル買うのが正解かとは思っています。

投稿者:フィッシュ中山

投稿者「フィッシュ中山」人物紹介リンク

ライトの商品レビュー動画をYoutubeで投稿中
100個以上のライトをレビューしました👍
ライト/懐中電灯なら詳しいぞ‼

✅Amazonの欲しいものリスト↓。投稿者に商品を送れます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!