バーボン初心者にオススメ「アーリータイムズ」

いろいろ種類があるお酒ですが、そのなかでウィスキーにはどんなイメージを抱くでしょうか。

ウィスキーは奥深く、知れば知るほど更に興味が湧いてくる不思議な魅力があるお酒です。

今回はウィスキーをあまり飲んだことはないが少し興味のある方に、アメリカン・ウィスキー「バーボン」の魅力と、ずばりオススメの「アーリータイムズ」を紹介していきます。

目次

バーボンウィスキーとアーリータイムズ

アメリカン・ウィスキーの中でも一番ポピュラーなものが、「バーボン」といわれるウィスキーでしょう。

そんな中でアーリータイムズは日本でも比較的メジャーなバーボンで、黄色いラベルのアーリータイムズを見たことがある人も多いのではないでしょうか。

アーリータイムズの歴史

今回オススメするバーボン「アーリータイムズ」ですが、1860年に製造が開始されたウィスキーです。名前の由来は製造された村の名前が「アーリータイムズ・ステーション」だったことで、それとともに現在の日本における輸入代理店アサヒホールディングスによると「Early Times Method(昔ながらの製法)でウィスキーを造るという信念」で、蒸留所にその名前を冠したそうです。

歴史あるものには伝説的な話がつきもので、1920年代アメリカの禁酒法下において窮地に陥ったアーリータイムズ蒸留所を守るため、従業員だったサールズ・ルイス・ガスリーが私財を投げうってアーリータイムズを守りました。彼がいなかったらアーリータイムズを飲めなかったのです。

ここで残念な話になるのですが、アーリータイムズは「新品の炭化皮膜処理されたオーク樽を製造に用いること」という条件だけ満たせず、アメリカ国内ではバーボンではなく「ケンタッキー・ウィスキー」として販売されています。しかし日本ではバーボンウィスキーとして販売されています。

アーリータイムズの特徴

アーリータイムズは、ライトな口当たりで甘い香り、キレのいい後味が特徴です。どちらかというとクセの強いバーボンの中でも初心者向けの飲みやすいバーボンです。

しかも特筆すべきは「お安い」ことと、手に入りやすいことです。実際のところアーリータイムズより個人的にライバルだと思っている「ジムビーム」の方が、ちょっと安く手に入れやすいようですが、けっしてひけをとりません。

珍しいバーボンではないので、コンビニやスーパーで普通に売っていますし、お値段も手ごろなのが嬉しいバーボンなのです。

アーリータイムズの楽しみ方

バーボンウィスキーといえばワイルドで大人なイメージを感じるでしょうが、そこまで考えすぎることなく手軽に楽しめるウィスキーです。

ここからはオススメのバーボン「アーリータイムズ」のライトなお楽しみ方を解説していきます。

ロックやストレートで飲む

バーボンに関する一般的なイメージはアメリカ映画に多くの影響を受けています。

劇中で良く見られるのが「ショットグラスでストレート」というシーンで、おそらく「強い男」をイマージさせる演出です。

ストレートで飲むというのはダイレクトにアーリータイムズの味が分かる飲み方ですが、正直なところ体への負担も大きく、バーボン初心者にはオススメできません。

ただいずれ慣れた暁には経験すべき飲み方だと言えます。

そこでオススメなのは、これもバーボンのポピュラーな飲み方で「ロック」で飲むという方法です。

英語では「 On the rocks(オン・ザ・ロック)」と言い、直訳すると「氷に注ぐ」といった意味です。

注いだ直後の飲み心地は「ストレート」とほとんど変わらず、徐々に氷が解けていき、風味が変わっていくのを楽しむことができるので、一口目にきつく感じたら少し放置していたらマイルドになっていきます。

これらの飲み方では「チェイサー」といって、口直しや胃への負担を和らげるための水が出されますが、無理せず飲んで体への負担を減らしましょう。

飲みやすさでいえばハイボール

今の若い方であればウィスキーと知り合うきっかけはハイボールが多いのではないでしょうか。どんな料理にも合ううえ、バーボンのもつ味わい・コクが引き立つオススメの飲み方と言えます。

同じ割る飲み方でも「水割り」はバーボンと相性が悪いような気がするのですが、炭酸で割るとバーボンの持つクセが良い意味で際立ち、美味しく感じるのは不思議なものです。

今や居酒屋などでも定番のハイボールをバーボンで飲んでみると、ウィスキーのもつ魅力を知るきっかけになると思いますので、ぜひチャレンジしてみましょう。

アーリータイムズに合うおつまみ

アーリータイムズに限らず、バーボンウィスキーはクセの強いお酒です。そんなアーリータイムズにあうおつまみは、やはりクセの強く味の濃いものがオススメです。

アメリカンだからと言うわけではありませんが、ビーフジャーキーのようなワイルドな肉系がアーリータイムズにもっとも合うおつまみです。それ以外にもスモークチーズや、野菜系で言えばバーニャカウダなど、やはりクセの強い食べ物がアーリータイムズにぴったりです。

せっかくアーリータイムズに挑戦するなら、合うおつまみを探求するのもバーボンと付き合う楽しみなので、いろいろお試しすることをオススメします。

さあ、アーリータイムズを飲もう

アーリータイムズを入り口にしたバーボンへのチャレンジを解説してきました。ウィスキーは種類も多く、なかには驚くような高額なウィスキーも存在していますが、その中でバーボンは少なくとも値段的には敷居が低めで、アーリータイムズは特にオススメの入門編です。

飲み過ぎは禁物ですが、アーリータイムズから素晴らしきバーボンの世界を経験してみましょう。

おまけ

私は、ウィスキーやバーボンはストレート派です。
でも毎回、お店でストレートって言うと店員が困惑する。
何で???(答え:ほぼいないから)

関連記事

目次
閉じる