岡山心霊スポット、切腹した鶴姫が眠る地、常山女軍の墓、歴史あるスポットで登山コース

はい。こんにちわ

今回は職場で「あそこはヤバい」と聞いて
常山城跡の女軍の墓に行ってきました!!

え~地図で確認したらわかりますが完全に登山コース

もぅね、ヒーヒー歩きながら
取材場所に向かいましたよ( ;∀;)

ここは歴史的な内容もあるので
歴史好きな方がいっても良いし

登山が好きな人が行ってもいい

複数の目的を持って行ける場所

そんな意味では
良い場所ではないでしょうか?

あとメインブログも
応援よろしく💦
http://fishofjapan.com/

どんな場所?
歴史を見てみよう

■概要
天正3年,小早川隆景が備中平定の余勢をかって,時の常山城主,上野肥前守高徳を攻めた。
当時,鶴姫その他34人の女軍がこれに応戦。
華々しくも最期をとげたが,この34柱の石碑が今も深い草露の中に眠っている
備中兵乱における常山合戦で、城主上野隆徳や城兵とともに城主の妻、鶴姫や侍女たちも甲冑に身を包み太刀や長刀を持って打ち出し、敵陣に突入し、最後は本丸に戻って自害して果てたという悲しいお話です。

■戦のキッカケ
鶴姫の父・三村家親は、備中(現、岡山県西部)全域に加え、備前(現、岡山県南東部)の一部をも手中に収めるほどの勢力を誇っていた。
しかし1566(永禄9)年、家親の勢力に危機感を覚えた備前国の大名・宇喜多直家(うきた なおいえ)の刺客によって、家親が興禅寺で銃殺されるという事件が起こった。
これが「備中兵乱」と呼ばれる争いの始まりである。

■戦況は劣勢~家族は次々と自害
宇喜多直家に報復すべく、家親の息子元親が2万2千の兵を率いて出陣するものの敗北。
反織田勢力を集める将軍足利義昭を介し、なんと毛利氏が家親を殺した宿敵、宇喜多直家と手を結んだのだ。
三村氏にとって、これは裏切りだった。
裏切りを見過ごせなかった鶴姫の兄・元親は、毛利氏に反旗を翻して織田信長と内通した。
これに危機感を覚えた毛利氏は、8万もの大軍を率いて出兵。
大軍で攻め込む毛利氏に対し、常山城はわずか兵200ほどしかいなかった。
城主・上野隆徳も自ら鉄砲を持って応戦するが落城は目前。
一族は自決を覚悟した。
1575(天正3)年6月7日
隆徳の57才の叔母が自決、15才の長男・高秀が後に続いた。
8才の次男は隆徳が自分のもとに引き寄せて刺し殺し、16才の妹は叔母を貫いた刀で胸を突いて死んだ。

■ここからが鶴姫の話
その様子を前に、鶴姫は自らの出陣を決意する。
男以上に勇敢な女だったとされる鶴姫は、黙ってこのまま自分も死ぬわけにはいかなかったのだ。
一族が次々と絶命していく中、鶴姫は鎧をまとい帯を締め、脇に刀を携えた。
我先にと後に続くのは34人の侍女たち。
鶴姫は敵将・乃美宗勝に一騎打ちを迫るが、宗勝は女性の相手はできないと言い引き下がる。
それでも追い続ける鶴姫に敵兵が斬りかかり、傷を負った鶴姫は女軍とともに城内に退いた。
夫の元に戻った鶴姫は、口に太刀をくわえそのまま身を伏せて絶命した。
これを見届けた上野隆徳も切腹。
記録には残っていないが、侍女たちも後を追って自害したのだろう。
常山城跡には今も隆徳と鶴姫の墓を取り囲むように、34人の女性たちも眠っている。

中山
中山

でも負けっぱなしは性に合わない鶴姫

一矢報いたくて敵将に戦い挑むも
やはり敗退してしまう

その後、自害することとなるが
いったいどんな心境だったのだろうか?

行き方

常山城跡の目の前までは車で行けます
あと細かい住所はないです

注意してください
カーナビは訳の分からない細道を表示してきます

こんな道を行くことになったら間違いです

登って行っても一般の墓地しかありません

更に上に行けば車の通れる道があります
私たちは最初間違った道歩いてて
この道見た瞬間に気が付きました

因みにこのまま歩いたら
1時間以上かかる

ちゃんと車で通れる道は看板あります
正直、見つけるのは難しいですが
普通の道をまっすぐ走っていれば
見つけられるはずです

車で行けると言っても細道です
登山者が歩いているので
ゆっくり走りましょう

途中の立ち寄りスポット 千人岩

よくは分かりませんでしたが
寄り道ポイント

お子様連れは絶対行ってはいけません
ガチで危ない立地で崖もあります

なんとこんな急斜面を降りていきます

行った感想は
キレイな岩場・・・

それだけです

無理していくところではない

途中の道のりですがお地蔵さんが多い

やっぱり死者のために置いてるのかな?

駐車スペース

イッキに開けた駐車場エリア
見るとバス用の駐車スペースもある
観光用かな?

ちゃんと城跡の地図もあります

ここから先は車は入れないので登山です

目的の常山女軍の墓

ではいきますか( ^ω^)・・・
なんでこういうとこは階段が急なの?
エスカレーターにして💦

途中の道です
やっぱりお地蔵さんとか
それ系の石像が多いです

目的の女軍の墓は、この看板が目印

看板のすぐそばに
静かにお墓があります

たぶん、正面の大きめの墓石が
鶴姫さんたちと思います

その並びに小さなお墓が沢山
これが一緒に出陣した女性たちかな?

よく考えたらだれが建てたのだろうか?
敵側の人たち?

ここに着た感想は
そんな嫌な感じはしませんでした
心霊スポットというよりは歴史ある
場所として訪れるべき場所かな?



頂上に腹切り岩アリ

せっかくなので頂上にも行ってみました

どうやらココで切腹したみたい

特に幽霊とか変なものは見えないし
カメラにも映ってません

山頂からの景色は・・・・

い、田舎だ~(;´∀`)
なにもね~

ん~昼間は怖くない

ただ夜は街灯が一切ないので
別の怖さはあると思います

ガッツリ山なので野生動物も怖い

仮に幽霊が出たとしよう・・・・
こんな登山コース
幽霊出ても既に疲れているから
逃げる気にもなれねーよ( ゚Д゚)



今回の反省点

登山用のポールは必要です
心霊スポットが山道だと本当につらい💦

と言いますか80%山なんだが・・・

もうねぇカメラ持ちながら
坂道歩くの辛いのよ(;´∀`)

皆さんが行く心霊スポットの場合は
絶対に登山用のポールあった方が良いよ?

もぅ私は折り畳みの買ったよ
結構コンパクトだけど開閉したら長い

ホームセンターでもどこでも良いから
自分の買っておきな

ちなみに私は2段階折り畳みのこのタイプ
かなりコンパクトに収納できるから
本当に楽よ?

その他の心霊スポット

心霊スポット一覧

その他の記事

AbemaTVで過去アニメが無料で見れる&無料期間だけプレミアム会員になって楽しむ方法も

スマホ向けキーボード_持ち運びに便利なおススメ商品を紹介

ポイントサイトのアプリで楽して稼ぐ。やるなら複数登録が効率的

ネットで稼ぐ方法って何があるの?初心者でも簡単に始められるサービスを紹介

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする