2台目のドローン、HS120Dの商品レビュー&実際に操縦した感想

こんな方におススメの記事です

・これからドローンの購入を検討している方
・ドローンって実際どんな感じ?
・ドローンの操縦って難しい?
・ドローンで撮影はどんな感じ?
と考えている方向けです

中山
中山
前回ドローン紛失した経験から
新たにスペックの見直しをして
HS120DというHolystoneの
ドローンを買いました

今回はこちらのドローンHS120Dの紹介です

目次

ドローンの外観

まずは外観をザっと見てください

まぁこんな感じですw

気になる大きさですが
原付のヘルメット入れる荷物入れに
ギリギリはいるくらいの大きさです

購入時は1台目のドローンと違い
専用のカバンが無かったので
持ち運びどうしようかと考えてみましたが
その点はクリアできました

でHolystoneのドローンの特徴ですが足が長い

中山
中山
1台目のドローン買う時はこのデザインが
正直ダサいな~っと思って除外してました

しかしそれは大きな間違い

実際にドローンを地面に置いて飛ばすと
分かって来た話です

道路など平らな障害物のない地面なら
どの機種も問題ありませんが
屋外だとそういう訳にはいきません

実際は砂利道だったり草がたくさん生えている地面
意外と整った環境でフライト出来るとは言えないのです

公園で飛ばしたいとなったらこんな状況多いかな?
意外とあの短い草がドローンの高さではジャマになる

因みに草くらいならプロペラに当たっても問題ないのでは?
と思うと思いますが、意外とドローンのプロペラ弱いです

回転時に羽が当たっただけで草に負けて転んでしまいます

なのでこの妙に足が長いデザインは
理由あってのものっだったようです

カメラのはなし

こちらは画質2Kです
なんで4Kにしないの?って思う人もいるでしょう

でも動画作ってたら分かるのですが
4Kの画質を出力するのって高スペックマシンが必要になるんです

もう1つ大変なのはデータ容量
例えば2Kの場合、動画作成に必要な容量が1GBです
しかし4Kになったら6GBとガッツリ上がります

お家のホームビデオ位なら良いですが
私みたいにYoutubeに投稿しようとすると致命的

1~2時間のアップロードで済むのが
半日以上になったりします

そうなるとアップロードに通信料をとられるので
その間、まともにネットが使えなくなるんです💦

実際問題、4K画質で再生するには4K画質を出力できる
TVなりPCが必要になるので、視聴してくれるお相手にも
高スペックマシンを求めることになります

なのでココは無理せずに2KのカメラでOKと落ち着きました

あと念のために注意点
別途SDカードは必要です
空撮の映像を録画したいなら事前に準備しましょう
16GBもあれば十分です

バッテリー

残念ながらバッテリーは私の好みではありませんでした
抜き差しがちょっとメンドクサイ
そういった意味では1台目の方が扱いやすかったです

あと実際のフライト時間は1個のバッテリーで
15分以上持ちます

おそらく20分くらい?

実際撮影した時の録画時間が16分位だったので
メーカーの説明書の15分よりは持ちますね

あと購入時にバッテリーが2個付いてるので
長時間のフライトがしたい人には
なかなか魅力ある内容かな?

   

ドローンのコントローラー

結構、外観はシンプルで前回のドローンより
ボタンは少ない

ココは別に悪くない
あんまりボタン多いとこっちも困るし

上から見た状態です
左右にスピード調整とカメラ角度調整
がダイヤル式で搭載

これが使いやすい!!
前回のドローンはスピード切り替えが
ボタン長押しの方法で実際の操縦では
使いにくかったんですよね

中山
中山
これなら直感的な操作ができるから
操縦者としては嬉しい

あと撮影と録画ボタンも左右に配置されてます
ココについては特に思うことなし

コントローラーは実際に使う時
下の写真のように展開します

下の棒は展開しなくても特に問題ないと思う

そしてこんな感じでスマホをセットして
ドローンを操縦する感じです

対応アプリ

HS GPS V1ってのをインストールして利用します
このアプリでドローン本体の位置をGPSで確認できます

と言いますか今回の購入の決め手は
このアプリです

前回のドローンは本体の位置情報を確認できなかったので
捜索断念しましたが、これならどこかに飛んで行って
紛失したとしても捜索のめどが立ちます

ドローンも安くはないので紛失すると精神的にも
経済的にもダメージが大きいのでこれは重要

ただ残念なのが不具合なのかなんなのか
私のスマホの場合は一度機内モードで
通常電波をカットしてから繋がないと
ドローンのカメラ映像が出力されない

これはアプリ評価にも書かれていたので
ひょっとしたら結構いるのかも?

GPS機能は使えますがGoogleマップで
地図は表示されない状態です

何ともいえない心境・・・

そういった意味では最新モデルの方が
満足できたかな?

実際に飛ばし見てみた感想

これは大満足!!

1台目のドローンより圧倒的に機体性能は上です

何より空中で安定しやすい!!

あと自動帰還オードもすぐに反応するので
安心して操縦できます

スピードも速く機敏な動きが出来る印象

今回は初心者モードってのがあって
自分から30m以上離れると自動で戻ってくる機能にして
安心して操作できました

慣れたら普通のモードでやる予定です

あとは撮影時の操作ですね~
正直これは1台目の方が性能上です
そういうのはこのドローンは
カメラにジャイロ機能がない

ジャイロ機能があると機体が傾いても
カメラが自動で回転して撮影風景の姿勢を
安定させてくれる機能の事です

これが今回のドローンは無いので
機体を動かすのに傾けると一緒に
画面も毎回傾く・・・

撮影映像を確認した時ちょっと酔いそうになりました

まぁココは技術で補うしかないね

総合評価としては操縦性は文句なし!!
カメラワークはやや不満となりました

まとめると
機体性能は2台目

カメラ性能は1台目

こんな感じです
もぅこれは個々のメーカーの強みの違い
なのでどっちを重視するかはお客次第ってなる

両方とも譲れないってなると
調べた中だと2万円前後はない

さらに上のグレードになるので
5万円以上のドローンになりそうです

同じドローンでも安く買う方法あり

別に私のように撮影目的でなければ
カメラがないバージョンでも売っています

これなら安く買えるので、飛ばして遊びたい人にはお買い得

ちなみにその後に撮影もしたくなったら
別途カメラの購入のみも可能です

中山
中山
高いけどな!!

ドローンと同時に購入した方が良い商品

HS120Dは購入しても専用のカバンはありません
持ち運びするなら専用のカバンを買いましょう

ドローンの離着する場所はキレイな地面とは限りません
長い草があったり地面の状態が悪い場合もあります
そんな場合はドローン用のシートあると便利です

 

高スペックを求めるなら

4K画質でもっと性能が良い最新モデルのドローンが欲しい
そう思うならこちらです

あとがき

1台目のドローンは最新の機種だったのに
2台目の発売時期が2年前のドローンの方が
性能が良いと実感できました

変な話ですよねw古い方がスペック上何て
そんなこと考えているとWガンダム思い出しました

あれも最初に作ったウィングゼロが後に作った
ガンダムより圧倒的に性能が上って設定ですからね

分かる人いるかね?

 

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる