電車で痴漢対策に使える護身グッズ 4選!! これで痴漢野郎を撃退だ!!!

女性専用車両なんかも、今では普通にありますが、やっぱり不安なのが痴漢された時の対応方法。

満員電車で身動き取れない場合はどうしたら?夜の人が少ない電車内の場合は助けが来ない!?

そんな時は自分で身を守るしかありません!!

今回は電車で痴漢された時に使える護身グッツに的を絞って紹介します。

防犯ブザー

もし痴漢されても、声を出す勇気がない(;´∀`)

それなら勇気を出してワンプッシュ!!

大きな音を出して周りに注目してもらい助けを求めよう。

ただ気になるのは、周りに助けてくれる人がいるか?

という不安もありますが、相手にケガをさせる心配もない唯一の護身グッツともいえるでしょう。

金属の爪楊枝

これで刺されたらケガするし可哀そう?

いやいや痴漢するよな野郎なら穴が開いたって良いのですよw

これだったら、素早さを必要とすることもありません。

ゆっくりと・・・少しづつ相手の深いところまで突き刺してやればいい。きっと相手も今後は痴漢なんて怖くてしなくなるでしょう。

催眠スプレー

※人が多い時には使用できない。

でも深夜の電車など、人が少ない時に襲われたなら使うことが出来るし効果が大きい。

次の駅に到着するまで、何回も相手の目や口に吹きかけてやりましょう。

きっと相手は生きていることを後悔し始めます。

小型バーナー(スタンガンの代用)

本当はスタンガンと言いたいところですが、アレは法律上、携帯するのは難しい💦

と言うことで代用品の紹介。

それが小型バーナー。ライターよりも射程距離は長いし自分が火傷する心配ないし、何より携帯していても警察に職質なんてことにはなりません( ー`дー´)キリッツ

もし痴漢されたら、相手を燃やしてやりましょうw